野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の163キロ&特大2号にAロッド氏も驚愕 「松井秀喜と田中将大がいる」

大谷翔平の163キロ&特大2号にAロッド氏も驚愕 「松井秀喜と田中将大がいる」

エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、開幕4戦目の本拠地・ホワイトソックス戦に「2番・投手」で渡米後初の投打同時出場。公式戦自己最速タイとなる101.1マイル(約162.7キロ)をマークし、初回の第1打席で初球を捉え2号本塁打を放った。全米中継で解説を務めた元ヤンキースのアレックス・ロドリゲス氏は「ボールは粉砕されました」と驚きの声を上げていた。

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

160キロを超える直球、打っては特大アーチにAロッド氏「なんてスペシャル」

■エンゼルス 7ー4 Wソックス(日本時間5日・アナハイム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、開幕4戦目の本拠地・ホワイトソックス戦に「2番・投手」で渡米後初の投打同時出場。公式戦自己最速タイとなる101.1マイル(約162.7キロ)をマークし、初回の第1打席で初球を捉え2号本塁打を放った。全米中継で解説を務めた元ヤンキースのアレックス・ロドリゲス氏は「ボールは粉砕されました」と驚きの声を上げていた。

 リアル二刀流の“大谷劇場”にメジャー歴代4位の696本塁打を誇るアレックス・ロドリゲス氏もお手上げだった。大谷は初回の第1打席で相手右腕シースが投じた初球の156キロ直球を豪快に振り抜き右中間へ自己最長飛距離の451フィート(約137.5メートル)の特大弾を叩き込んだ。

 この試合を全米中継している米スポーツ専門局「ESPN」の解説・ロドリゲス氏は「あのボールは粉砕されました。松井秀喜と田中将大が1人の人間の中にいるようなものだ! なんてスペシャルなんだ」と大興奮。今季から新実況を務めるマット・バスガーシアン氏も「これは馬鹿げている。サンタマリーア…」と決め台詞で大谷の一発を称えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」