野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の“リアル二刀流”を相手チームはどう見た? 「降板した時は安心した」

大谷翔平の“リアル二刀流”を相手チームはどう見た? 「降板した時は安心した」

エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で渡米後初の投打で同時出場。自己最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)の剛速球で5回途中2安打3失点の力投を見せたが、相手チームは「彼が降板したときは安心した。それは対戦し続けたくなかったからだ」と語っていた。

ホワイトソックスに先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ホワイトソックスに先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

途中出場のガルシア「彼はエグいよ」と苦笑い

■エンゼルス 7ー4 Wソックス(日本時間5日・アナハイム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地ホワイトソックス戦に「2番・投手」で渡米後初の投打で同時出場。自己最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)の剛速球で5回途中2安打3失点の力投を見せたが、相手チームは「彼が降板したときは安心した。それは対戦し続けたくなかったからだ」と語っていた。

 圧巻の“リアル二刀流”にホワイトソックスも脱帽だった。大谷から奪った得点は5回2死満塁からの暴投、振り逃げ、そして失策による3点。1番のティム・アンダーソンに代わって途中出場したレウリー・ガルシアは試合後に「彼はエグいよ」と苦笑い。

 本塁ベースカバーに入った際にスライディングを受けるアクシデントで降板したが「彼が降板したときは安心した。それは彼と対戦し続けたくなかったから」と振り返っていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」