野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「またよくわかんない打球」鷹・柳田の“フェンス直撃二塁打”が「相当やばい」

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が6日、札幌ドームで行われた日本ハム戦で驚愕&混乱の一打を放った。“柳田ならでは”の逆方向への強烈な打球にファンからは「またよくわかんない打球飛ばしてて草」と、驚きの声があがっていた。

打球の方向を指で示すソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】
打球の方向を指で示すソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パ・リーグTV】

一度はホームランと判定されたことでフィールド内は混乱

■ソフトバンク 7ー0 日本ハム(6日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が6日、札幌ドームで行われた日本ハム戦で驚愕&混乱の一打を放った。“柳田ならでは”の逆方向への強烈な打球にファンからは「またよくわかんない打球飛ばしてて草」と、驚きの声があがっていた。

 ソフトバンクが5点をリードして迎えた7回。無死一塁で打席に立った柳田は1ストライクから堀が投じた2球目を捉えた。143キロの真っ直ぐを弾き返すと、弾丸ライナーで左翼方向へと飛んだ。打球は左翼フェンス最上部に当たり、フィールド内に跳ね返ってきた。

 三塁塁審は右手を回し、ホームランと判定。だが、打球が跳ね返ってきたため、日本ハム守備陣はプレーは続けた。ホームランだと思ってゆっくりと走っていた柳田は一、二塁間に挟まれた。審判団によるリプレー検証の結果、判定はフェンス直撃の二塁打となり、試合は再開された。

 他球場であれば、本塁打間違いなしの打球だったが、札幌ドームならではのフェンス直撃打に。この一打を「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeチャンネルが「柳田悠岐 逆方向弾!? → 挟殺プレー!? → まさかの結末」と題して動画を公開すると、ファンからは「ギータやばいなw」「またよくわかんない打球飛ばしてて草」「そもそもあの打ち方でホームラン未遂になるのがおかしい」「逆方向でこの打球飛ばしているの相当やばいよ?」とのコメントが並んでいた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」