野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

八王子にも“親子鷹” 安藤監督の息子が4安打7打点でコールド勝ち呼び込む

高校野球の東京都春季大会2回戦8試合が行われ、ダイワハウススタジアム八王子では八王子学園八王子が10−3の7回コールドで上野学園を破り、16強進出を決めた。八王子を率いる安藤徳明監督の息子・健内野手(3年)が「2番・二塁」で出場し、4安打7打点と活躍した。今年の選抜高校野球大会を制した東海大相模では、門馬敬治監督と次男・功外野手の“親子鷹”制覇が話題になったが、八王子にも甲子園を共に目指す親子がいる。

八王子・安藤健【写真:川村虎大】
八王子・安藤健【写真:川村虎大】

5回に勝ち越し打、7回には走者一掃の三塁打でコールドに

 高校野球の東京都春季大会2回戦8試合が行われ、ダイワハウススタジアム八王子では八王子学園八王子が10−3の7回コールドで上野学園を破り、16強進出を決めた。八王子を率いる安藤徳明監督の息子・健内野手(3年)が「2番・二塁」で出場し、4安打7打点と活躍した。今年の選抜高校野球大会を制した東海大相模では、門馬敬治監督と次男・功外野手の“親子鷹”制覇が話題になったが、八王子にも甲子園を共に目指す親子がいる。

少年野球の保護者、指導者の疑問も取材中 解決方法は「Full-Count ROOTS」へ

 1-1で迎えた5回、安藤健が勝ち越しの一打を放った。1死二塁で適時二塁打。「無死二塁で1番打者に打たせたのですが、走者を進められなかった。悪い流れは感じていたので、それを振り払ってくれた一本でした」と安藤監督は評価した。

 この一打で活気を取り戻した打線は6回に3点、7回にも1点を奪い、なおも2死満塁の場面で、安藤健がこの日4安打目となる走者一掃の適時三塁打を放ち、コールド勝ちを収めた。「投手を楽にしてあげるのが打者の役目。勝ち越し点を取れたのは良かったです」と振り返った。

 それでも指揮官は満足していなかった。「結果としてはコールドですけど、やるべきことができていない。チーム方針は“考える野球”。野球は速いボールを投げるだけではない。打者はボールを1球待つとか、投手も力任せに投げるのではなくボールから入ってみるとか、考えてやるのが野球。きょうはこれができていなかった。振ってはいけないボールを振ったり、投手も簡単にストライクを打たれてしまったりとまだまだ考えが見えてこない」と力を込めた。

 ただ、その思いは選手にも伝わっていた。安藤健は試合後「まだまだ減らせるミスが多い。今年は羽田(慎之介)というスーパースターがいますが、八王子は元々総合力で勝つチーム。今のミスが続いていては勝てない。攻撃も最後は繋がりましたが、序盤から投手を楽にすることはできた。まだまだ課題は多い」と笑顔はなかった。

 プロ注目の左腕・羽田慎之介投手は小平西との1回戦で1イニングを投げて3者三振を記録したが、まだ万全ではないという。八王子がもう一度考える野球に取り組む。

(川村虎大 / Kodai Kawamura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」