野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

コロナ禍で予定される五輪最終予選 開催地・台湾が計画する徹底した防疫計画

6月16日から20日にかけて、台湾の台中インターコンチネンタル球場(台中市)及び斗六球場(雲林県)では、台湾代表はじめ6チームが五輪出場枠残り1枠をかけて争う東京五輪の世界最終予選が開催される。

東京五輪の世界最終予選が開催される台中インターコンチネンタル球場【写真:Getty Images】
東京五輪の世界最終予選が開催される台中インターコンチネンタル球場【写真:Getty Images】

東京五輪最後の出場枠を争う最終予選は6月16日から台湾・台中市で開催予定

 6月16日から20日にかけて、台湾の台中インターコンチネンタル球場(台中市)及び斗六球場(雲林県)では、台湾代表はじめ6チームが五輪出場枠残り1枠をかけて争う東京五輪の世界最終予選が開催される。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3月上旬のプロ・アマ会議で、世界最終予選に向けたナショナルチームの選手選考及び合宿、そして大会への出場、大会の運営などについて、プロ側のCPBL(中華職業棒球大連盟)が全面的に請け負うことが決定した。

 CPBLにとっては、五輪出場権の獲得を目指したプロ・アマ団結による「最強の代表チーム」の結成と共に、コロナ禍における世界最終予選のスムーズな運営も、重要なミッションとなる。

 CPBLとCTBA(中華民國棒球協會)は3月18日、世界最終予選に向けた初の定例会議を開催、それぞれの防疫計画案を提出した。両者の防疫計画の最大の違いは、海外チームの台湾入境後の隔離日数で、CTBA案が「搭乗前3日以内に受検した陰性証明及び来台後7日間の隔離」であったのに対し、CPBL案は「14日間の隔離」を求める、というものであった。

 CPBLの蔡其昌コミッショナーは「14日間の隔離」という案を提出したことについて、昨年8月に来台したチェコの上院議員らの大規模な訪問団を比較例として挙げ、この時は「バブルシステム」を採用し、併せて全員、全行程マスクの着用を求めたと説明。ただ、野球ではそれを求めることはできない上、出場チームの選手・コーチにWBSCの技術委員を加えると、総人数はチェコ訪問団の5倍以上に上ると説明した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」