野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ野球で欠かせぬ地元との繋がり パ6球団が取り組む地域貢献活動とは?

西武ライオンズは、3月30日に埼玉・幸手(さって)市と「連携協力に関する基本協定」を締結した。これは、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)」の活動の一環で、地域社会の発展や市民福祉の向上を目的としたものだ。

稲葉篤紀SCOが参加した「FOOTSTEP FUND~あしあと基金~」【写真:(C)H.N.F.】
稲葉篤紀SCOが参加した「FOOTSTEP FUND~あしあと基金~」【写真:(C)H.N.F.】

西武や楽天、ソフトバンクなどが今季の活動を続々と発表

 西武ライオンズは、3月30日に埼玉・幸手(さって)市と「連携協力に関する基本協定」を締結した。これは、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)」の活動の一環で、地域社会の発展や市民福祉の向上を目的としたものだ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 さらに、楽天は4月1日に岩手・岩泉町と宮城・石巻市に「こどもスタジアム」を寄贈したことを発表。ソフトバンクも2016年から続く「ファイト!九州」プロジェクトの2021年の取り組みを発表した。

 このように地域に密着しているプロ野球チームにとって、地元ファンは欠かせない存在である。球団と地域、地元の人々はどのようにして繋がっているのか。そこで今回はパ・リーグ各球団が取り組んでいる地域貢献活動を紹介する。

 日本ハムでは2015年から健康増進と社会貢献を目的とした「FOOTSTEP FUND~あしあと基金~」を実施。ホームゲーム前に札幌ドーム周辺を歩き、参加者の10歩が1円となるというものだ。2020年10月時点で2874万5462歩のあしあとを積み重ね、北海道内のパラスポーツ団体などに対して競技用車椅子を寄贈している。今年はビデオ会議ツール「Zoom」を利用して「リモートあしあと基金チャリティトーク」を開催し、全国各地のファンが参加。ウォーキングを通して、心身ともに豊かな北海道を創っていく。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」