野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「うちは今、力がない」西武・辻監督ポツリ…3連敗で首位陥落も見出す一筋の光明

2年ぶりのV奪回を目指す西武が、本拠地メットライフドームで楽天に3タテを食らった。単独首位で6~8日の楽天3連戦に突入したが、順位が入れ替わり一気に2ゲーム差をつけられた。故障者続出で戦力が大幅にダウンしているのが現状で、辻発彦監督は「力負けです。うちは今、力がない状態」と白旗。「次に会う時には借りを返せるように」とリベンジを誓ったが、窮状から巻き返せるか――。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

プロ初登板初先発の20歳右腕・上間が好投「素晴らしい闘志」

■楽天 4ー0 西武(8日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2年ぶりのV奪回を目指す西武が、本拠地メットライフドームで楽天に3タテを食らった。単独首位で6~8日の楽天3連戦に突入したが、順位が入れ替わり一気に2ゲーム差をつけられた。故障者続出で戦力が大幅にダウンしているのが現状で、辻発彦監督は「力負けです。うちは今、力がない状態」と白旗。「次に会う時には借りを返せるように」とリベンジを誓ったが、窮状から巻き返せるか――。

 光明がないわけではない。8日の3戦目には、2年目の20歳右腕・上間永遠(うえま・とわ)投手がプロ初登板初先発。手薄な先発陣を象徴する苦肉の策だったが、5回までは茂木の先制ソロによる1点のみに抑えていた。ストレートの最速は145キロ止まりも、カットボールやシンカー、スライダーを駆使して凡打を山を築いた。4回には中前打で出塁した小深田を直後に牽制球で刺し、総合力の高さもうかがわせた。

 やや疲れの見えた6回、先頭の辰己に右翼席へ放り込まれ、なおも1死一、二塁のピンチを背負ったところで2番手の佐野にマウンドを譲った。5回2/3を投げ、5安打5奪三振2四球。佐野が茂木に2点二塁打を許したため、上間に計4失点が記録されたが、20歳の印象はすこぶる良い。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」