鷹に激震 千賀滉大が「左足首の靱帯損傷」で復帰まで2~3か月、五輪もピンチか

ソフトバンク・千賀滉大【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:福谷佑介】

千賀は6日の日ハム戦で捕球した際に左足首を捻り降板していた

 ソフトバンクは10日、千賀滉大投手が「左足首の靱帯損傷」の診断を受けたことを発表した。競技復帰まで2~3か月の見込みで今後は数日間の自宅静養ののち、患部の状態をみてリハビリ組に合流する。

 千賀は6日の日ハム戦(札幌ドーム)に今季初登板し6回途中まで3安打無失点の好投を続けていたが、6回1死の場面で顔面付近を襲った打球を捕球した際に、マウンド上でバランスを崩し左足を捻り立ち上がる事ができず、担架に乗せられてそのまま降板となっていた。

 球団はこの日、9日に千賀が久留米市内の病院にてMRI・CT検査などを受けた結果「左足首の靱帯損傷」と診断されたことを発表。東京五輪ではエース候補として期待されていただけに、侍ジャパンにとっても大きな痛手となりそうだ。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY