有原航平、4回3失点でメジャー初黒星 相手右腕が今季初&史上306度目のノーノー達成

本拠地でのパドレス戦で先発登板したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】
本拠地でのパドレス戦で先発登板したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】

相手右腕のマスグローブは死球1の準完全試合、ノーノーは今季メジャー初、史上306回目の偉業

■パドレス 3ー0 レンジャーズ(日本時間10日・アーリントン)

 今季から日ハムからレンジャーズへ移籍した有原航平投手が9日(日本時間10日)、本拠地でのパドレス戦に今季2度目の先発。4回5安打3失点(自責2)でメジャー初黒星を喫した。試合は0-3で敗れた。

 有原は立ち上がりの初回は先頭グリシャムを空振り三振、プロファーを遊ゴロ、マチャドを右飛に仕留め3者凡退のスタート。だが、2回は先頭に四球を許すと続くマイヤーズに左翼線二塁打を浴び先制点を献上。さらに味方のエラーもありこの回2失点となった。

 3回は2死三塁のピンチを背負うとマチャドに左中間へタイムリー二塁打を浴び3点目を失った。4回は連打で無死一、二塁のピンチを背負ったがファムを遊ゴロ、キャムを三ゴロ併殺に仕留め無失点で切り抜けた。有原は4回3失点で降板、味方の援護なく試合は0-3で敗れメジャー初黒星を喫した。

 また、相手右腕のマスグローブはヒットを許さず9回までスコアボードに0を並べた。4回に死球を与えたのみで被安打0の“準完全試合”で球団史上初のノーヒットノーランを達成。今季メジャーで初、メジャー史上では通算306度目の偉業達成となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY