大谷翔平、日本人最速MLB通算50号! 第3打席で4試合ぶり3号ソロ、松井秀喜氏を上回る

「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「2番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷は262試合目、997打席目で通算50号に到達、松井氏は329試合、1393打席目

■エンゼルス 7ー1 Bジェイズ(日本時間10日・ダンイーデン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、フロリダ州ダンイーデンでのブルージェイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で4試合ぶりとなる3号本塁打を放ち、メジャー通算50号に到達した。この日は5打数2安打4打点の大活躍で打率も.300に上昇しチームの勝利に貢献した。

 打者・大谷の勢いが止まらない! 初回の第1打席では空振り三振に倒れたが、2回2死満塁で迎えた第2打席では右翼フェンス直撃の3点二塁打を放ち6日(同7)日のアストロズ戦から3試合連続安打をマーク。さらに5回の先頭で迎えた第3打席ではバックスクリーン左へ422フィート(約129メートル)、打球速度108マイル(約174キロ)の4試合ぶりとなる豪快な3号ソロを放った。マルチ安打は今季3度目。

 通算50本塁打は、打者通算262試合目での到達。松井秀喜はメジャー3年目の2005年に50号に到達したが、通算329試合目だった。通算打席数では大谷が「997」で、松井秀は「1393」。“日本人最速ペース”で量産している。

 メジャー4年目の今季は、開幕から8試合で打率.300(30打数9安打)、3本塁打、OPS1.044をマーク。マウンドでは渡米後最速タイの101.1マイル(約162.7キロ)を叩き出すなど、投打で充実の姿を見せている。二刀流完全復活へ向け、シーズン序盤から躍動している。

 試合後、メジャー通算50本塁打について「素直に嬉しい」と笑みをこぼしたが「今年も始まったばかり。通算より、今年もっと打てるようにしたいです」と語っていた。

【動画】大谷がバックスクリーン左へ豪快3号ソロ 日本人最速となるMLB通算50号

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY