大谷一問一答 メジャー通算50号ににじむ長距離砲の自負「やっぱり求められている」

第3打席で3号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で3号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

開幕戦ノーヒットはワクチン副反応? 「今は戻ってきた」

■エンゼルス 7ー1 Bジェイズ(日本時間10日・ダンイーデン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、フロリダ州ダンイーデンでのブルージェイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で4試合ぶりとなる3号ソロを放ち、メジャー通算50号本塁打に到達した。この日は5打数2安打4打点の大活躍で打率.300に上昇。チームの勝利に貢献した。

 2回2死満塁で右翼フェンス直撃の3点二塁打を放つと、5回先頭ではバックスクリーン左へ3号ソロ。飛距離422フィート(約129メートル)、打球速度108マイル(約174キロ)の4試合ぶりとなる豪快な一発だった。今季3度目のマルチ安打、2年ぶりの1試合4打点をマークした。試合後は通算50号到達の喜びや、開幕前日に新型コロナウイルス感染予防策としてワクチンを接種したことも明かした。

――開幕は調子が良くないように見えた。
「そうですね。体調もそんなに良くなかったというのもありますし、今は戻ってきて、だいぶスイングもいいんじゃないかなと思います」

――マメの状態は。
「今日も投げてみて、予想よりも良かった。案外早く投げられるんじゃないかなと思っています」

――マメは完全に治した方がいいのか。投げながら治していくのか。
「一番は完全に治した方がいいんですけど、硬くするにも投げないといけないので。ある程度、投げる作業は必要ですし。再発が一番良くはないんですけど、その中間というか、投げ続けながら、できれば試合で投げた方がよりいいですし。というところかなと思います」

――開幕に体調を崩していた理由。
「ワクチン(接種)ですね」

――二塁打はバランス崩した状態で打った。去年の状態でも打てたか。
「どうでしょうね。当てるのはもちろん出来ると思いますけど、やっぱり飛距離を出すには下でしっかり捉えないと難しいので。そこは去年と違うところかなと思います」

――去年に比べて強い打球が打てている。
「やっぱり膝じゃないですかね。実際に、去年やってみて分かりましたけど、かなり重要なところだなと感じていますし、打撃でそこをしっかり気をつければ、いい状態を保てるんじゃないかと思います」

――マドン監督がベンチもチームの雰囲気もいいと話していた。
「そうですね、かなりいいとは思いますね。もちろん調子のいい選手も悪い選手もいると思うんですけど、みんなが良くても悪くても、お互いにいい打席はいい打席だったねとコミュニケーションが取れています。投手同士もそういうのがあると思うので、かなりいい雰囲気だなと思います」

打撃の心情は「ストライクを振ってボール球を見逃す。基本的で難しいところ」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY