大谷翔平、3号ソロ&走者一掃二塁打で4打点 松井秀超えの日本人最速MLB通算50号

第3打席で3号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で3号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

5打数2安打4打点の大暴れで打率は.300に上昇

■エンゼルス 7ー1 Bジェイズ(日本時間10日・ダンイーデン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、フロリダ州ダンイーデンでのブルージェイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。第3打席でMLB通算50本塁打となる3号ソロを放つなど5打数2安打4打点の活躍を見せ、チームは7-1で勝利した。打率は.300に上昇した。

 大谷の勢いは止まらない。2回の満塁で迎えた第2打席では変化球に泳がされながらも右翼フェンス直撃となる走者一層のタイムリー二塁打を放つと、5回の先頭で迎えた第3打席ではバックスクリーン左へ422フィート(約129メートル)、打球速度108マイル(約174キロ)の4試合ぶりとなる3号ソロを放った。

 これがMLB通算50本塁打となり大谷は打者通算262試合目での到達。松井秀喜はメジャー3年目の2005年に50号に到達したが、通算329試合目だった。通算打席数では大谷が「997」で、松井秀は「1393」で“日本人最速ペース”での到達となった。

 大谷はこの日、5打数2安打4打点の大活躍でチームの勝利に貢献。打率もちょうど3割に乗せ勢いは止まりそうにない。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY