筒香嘉智、3戦連続安打で今季初マルチ! 第2打席で右前打、第4打席で左翼線二塁打

本拠地でのヤンキース戦で安打を放ったレイズ・筒香嘉智【写真:AP】
本拠地でのヤンキース戦で安打を放ったレイズ・筒香嘉智【写真:AP】

3回の第2打席ではサイ・ヤング賞右腕クルーバーから右前打

■レイズ ー ヤンキース(日本時間10日・セントピーターズバーグ)

 レイズの筒香嘉智外野手は9日(日本時間10日)、本拠地のヤンキース戦で「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右前打を放ち3試合連続安打をマークすると、5回の第4打席では左翼線二塁打を放ち今季初マルチ、初長打を記録した。試合は10-5で勝利しチームの連敗は4でストップした。

 ヤンキースの先発は今季から加入した2度のサイ・ヤング賞を誇る右腕クルーバー。筒香は初回の第1打席は見逃し三振、3回の先頭で迎えた第2打席では右前打を放ち無死一、二塁からアロサレーナの右前タイムリーで生還。

 4回無死一塁で迎えた第3打席は四球で出塁すると、5回2死走者なしの第4打席では左腕リットキーから今季初長打となる左翼線二塁打を放ち今シーズン初マルチをマーク。7回の第5打席は空振り三振に倒れた。筒香は4打数2安打の活躍で打率は.190に上昇した。

 レイズは打線が爆発し13安打10得点でヤンキースに快勝し連敗を4でストップした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY