有原航平、4回3失点でメジャー初黒星 ノーノー右腕を称賛「ああいう投球を僕もしたい」

本拠地でのパドレス戦に先発登板したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】
本拠地でのパドレス戦に先発登板したレンジャーズ・有原航平【写真:AP】

相手右腕のマスグローブは1死球で球団史上初のノーヒットノーラン

■パドレス 3ー0 レンジャーズ(日本時間10日・アーリントン)

 今季から日ハムからレンジャーズへ移籍した有原航平投手が9日(日本時間10日)、本拠地でのパドレス戦に今季2度目の先発。4回5安打3失点(自責2)でメジャー初黒星を喫した。相手右腕のマスグローブがノーヒットノーランを達成し「本当に素晴らしい。ああいうピッチングを僕もしたい」と振り返っていた。

 有原は初回を3者凡退に仕留めたが2回は先頭に四球を許すとマイヤーズに左翼線二塁打を浴び先制点を献上し味方のエラーもありこの回2失点。3回は2死三塁でマチャドに左中間へタイムリー二塁打を浴び3点目を失った。

 4回3失点で降板しメジャー初黒星を喫し試合後は「試合には落ち着いて入れたと思いますがストライク先行のピッチングができず苦しい投球になった」と反省を口にした。

 また、相手右腕のマスグローブは1死球のみの球団史上初のノーヒットノーランを達成したが「本当に素晴らしいピッチング、コントロール凄く良くて、ああいうピッチングを僕もしたい。チームが負けて凄く悔しいので次の投球で貢献できるようにしたい」と相手を称えていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY