大谷翔平は「ボールを粉砕している」 飛距離129M&速度174キロ弾にファン驚愕

2安打4打点の活躍を見せたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
2安打4打点の活躍を見せたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「ベーブ・ルースの生まれ変わり」との声も

■エンゼルス 7ー1 ブルージェイズ(日本時間10日・ダンイーデン)

 エンゼルス・大谷翔平投手のバットに凄みが増してきた。9日(日本時間10日)の敵地ブルージェイズ戦に5回の第3打席で4試合ぶりの3号本塁打を放ち、メジャー通算50号に到達した。

 飛距離422フィート(約129メートル)、速度108マイル(約174キロ)の打球はバックスクリーン左。球団公式ツイッターが本塁打を放ったシーンを「正真正銘ぶっ放された打球」として動画投稿すると、ファンからは驚きの声が寄せられた。

「まさにボールを粉砕している」「彼の逆方向へのパワーは異常」「ロケット」「信じられない打撃」「オオタニはHR競争で優勝する」「ベーブ・ルースの生まれ変わり」「MVPはトラウトか、それともオオタニか?」

 ここまで打者としては打率.300(30打数9安打)、3本塁打、8打点、OPS1.044の活躍で、6勝2敗と好調なチームを引っ張る大谷。その規格外のパワーには米ファンも驚くしかないようだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY