バント失敗も二塁へ進塁の“異次元走塁” 中日高卒4年目の韋駄天は「荒木2世」

中日・高松渡【写真:荒川祐史】
中日・高松渡【写真:荒川祐史】

8回に代走で出場、滝野がバント失敗で捕邪飛も二塁へタッチアップに成功

■中日 2ー2 ヤクルト(10日・バンテリンドーム)

 中日の高卒4年目・高松渡内野手が10日のヤクルト戦(バンテリンドーム)で圧巻の走塁を見せ話題になっている。バント失敗の捕邪飛の間にタッチアップを決める快足を披露しファンも「荒木2世が出て来た」「実質送りバント」「高松の脚には夢がある」と大絶賛だった。

 韋駄天・高松の出番は同点の8回。先頭・木下拓が左前打で出塁すると代走で登場。続く滝野はバントを失敗し捕邪飛に倒れたが背を向けて捕球したヤクルト中村の隙を逃さず、タッチアップで一気に二塁ベースを奪った。

 捕邪飛で二塁へタッチアップを成功させた快足ぶりを「DAZN」公式ツイッターも「異次元の走塁」とコメントを添え動画を公開。これにはファンも「荒木2世が出て来た」「実質送りバント」「高松の脚には夢がある」「ミス帳消しのビッグプレー」「野球脳高い」と多くのコメントが寄せられていた。

 高松はここまで7試合に出場しプロ初安打をマークするなど打率.250、2盗塁の成績を残している。

【動画】バント失敗の捕邪飛も二塁へタッチアップした“異次元走塁”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY