球場どよめく特大弾 オリ佐野皓、京セラ5階席に突き刺す一発「上手く反応」

オリックス・佐野皓大【写真:荒川祐史】
オリックス・佐野皓大【写真:荒川祐史】

初回の第1打席で左翼5階席に飛び込む1号ソロ

■オリックス 4ー4 日本ハム(11日・京セラドーム)

 オリックスの佐野皓大外野手が11日、本拠地での日本ハム戦に「2番・右翼」でスタメン出場。初回の第1打席で左翼5階席へ飛び込む超特大の1号ソロを放った。この日は4打数2安打1打点の活躍で、チームも9回に3点差を追いつき引き分けに持ち込んだ。

 完璧な一発だった。初回1死走者なしで迎えた第1打席、左腕加藤の139キロ直球を強振すると打球は左翼5階席と飛び込む今季1号ソロ。2019年7月6日のソフトバンク戦以来、約2年ぶりの一発だった。

 内角を上手く捌いた圧巻のアーチに本人も「追い込まれていたので、なんとか正尚さん(吉田)の前に塁に出ようと思っていました。インコースのボールでしたが、うまく反応できました」とコメント。チームも3点を追う9回に2死からT-岡田、宗のタイムリーで同点に追いつき引き分けに持ち込む粘りを見せた。

【動画】「上手く反応できました」5階席への特大弾!

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY