右肘手術から復帰を目指す巨人ドラ1右腕 「密かに」狙う最速更新と描く未来

トミー・ジョン手術からの復帰を目指す巨人・堀田賢慎【写真:編集部】
トミー・ジョン手術からの復帰を目指す巨人・堀田賢慎【写真:編集部】

青森山田から入団、将来有望の151キロ右腕が復活へ

 高い潜在能力が披露される日は近づいている。2019年巨人ドラフト1位・堀田賢慎投手はトミー・ジョン手術を受けてから約1年が経過した。今夏の実戦登板を目標に、投球練習を行っている。将来有望な20歳にとって術後、不安な日々も過ごしたが、すべてを力に変え、今は復帰だけではなく進化する姿をイメージしている。【楢崎豊】

 鳴り響くキャッチャーミットの音。ボールを投げられる喜びを感じるたびに自信を深めている。周りへの感謝の思いも日に日に強くなる。

 堀田は昨年1月の新人合同自主トレで右ひじに炎症を起こした。状態が上がらなかったため、4月に手術を受けることになった。リハビリを続け、今は段階的ではあるが、投球練習ができるまでに順調に回復している。

「手術をする前から、回復まで時間がかかることは聞いていました。その中でどうやってリハビリを進めていけばいいのだろうと、不安はあったのですが、この世界に入ってきた以上は怪我を治して、結果を出していかないといけないと思っていたので、先を見るようにしていました。自分の中で目標を見つけながらやっていました」

 目標に『大きい』『小さい』は関係ない。野球を教えてくれた父・郁雄さんは、いつも電話やLINEで激励してくれた。同級生からかかってくる何気ない電話もうれしい。その中で「投げる姿を楽しみにしているよ」という言葉が力になる。「家族の支えとか、本当に大きいですね。僕自身も頑張ろうと思えます」。支えてくれる人のために復帰する――。それがまずは一番最初の目標だ。自分自身でも巨人のユニホームを着て、マウンドに上がる姿をイメージして、眠りにつく。

 そのマウンドはおぼろげながら見えてきた。手術から約1年が経ち、7、8月には試合で投げられるように準備を進めている。段階を経て、フリー打撃、シート打撃に登板するため、今は汗を流している。

「手術をする前よりも、もっと成長した状態で野球をしたいと思っています。復帰登板で高校時代の最速(151キロ)を出す、超えるというのは密かに思っています」

 まだ20歳。球界の先輩たちが歩んできた道が順調な回復を後押ししてくれた。トミー・ジョン手術を受ける選手が日米で多く見られ、その術後の様子がメディアなどで紹介されるケースが増えた。情報を自分の目と耳でしっかりと分別し、参考にした。

「ダルビッシュさんや大谷翔平さんの記事を読んだことがありました。その時の自分はまだ投げられる状態にはなかったんですが、これから先のリハビリの中で、どのように対処していけばいいのか学ばせてもらいました」

同学年の左腕・井上温大の奮闘も刺激に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY