12球団ワーストの15許盗塁 DeNAの最下位低迷は“走られまくり”にも一因

DeNA・阪口皓亮(左)と池谷蒼大【写真:小谷真弥】
DeNA・阪口皓亮(左)と池谷蒼大【写真:小谷真弥】

若い阪口、池谷ばかりか開幕投手の浜口までもが…

■阪神 3-2 DeNA(11日・横浜)

 セ・リーグ最下位に低迷するDeNAは、9日から本拠地・横浜スタジアムで戦った阪神との3連戦で3タテを食らった。これで今季は3勝10敗2分の借金7。首位・阪神との差は早くも7ゲームに開いた。

 コロナ禍で外国人選手の来日が遅れ、現時点で1人も試合に出場していない。それ以外にも投手陣に故障者が続出するなど、不振の原因はいくつかあるが、「不注意」と言われても仕方がない部分もある。DeNAバッテリーはこの3連戦で、阪神に走りたい放題走られたのだ。

 11日の第3戦では、先発投手の阪口皓亮投手が初回に先頭の近本、続く糸原に連打され、いきなり無死一、二塁のピンチに。続くマルテはカウント3-2から内角低めの149キロの速球で見送り三振に仕留めたが、この投球で近本と糸原にダブルスチールを決められ、1死二、三塁とされた。ここで大山の遊ゴロを捕った大和が一塁へ悪送球し、いきなり2点を先行された。

 阪口は4年目、21歳の右腕だが、前回登板の4日の広島戦でプロ初勝利を挙げたばかり。1軍登板は通算8試合目とキャリアが浅く、三浦大輔監督は「余裕がなくて周りが見えていなかった」と反省を求めた。試合は最終的に惜敗だっただけに、悔やまれるプレーとなった。

 前日の10日の第2戦も然り。1点ビハインドの9回、3番手として登板した平田真吾投手が先頭のマルテを四球で歩かせ、続く4番・大山の4球目に代走・熊谷に二盗を許した。大山は見送り三振に仕留めたものの、5番・サンズに痛恨の2ランを被弾した。

三浦監督も嘆く「できることを丁寧にやっていくように、再確認しないと」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY