大谷翔平、先発ローテ再編で復帰登板は17日以降 Bジェイズ戦が悪天候で延期決定

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ブルージェイズ戦は悪天候で8月11日に延期された

■ブルージェイズ ー エンゼルス(日本時間12日・ダンイーデン)

 エンゼルス・大谷翔平投手が「2番・指名打者」で先発出場する予定だった11日(日本時間12日)のブルージェイズ戦は悪天候のため延期となった。8月10日(同11日)にエンゼルス本拠地で行われるダブルヘッダー第1試合として組み込まれた。

 チームは12日(同13日)からの敵地・ロイヤルズ3連戦の先発投手を発表。この日先発予定だったコブが初戦にスライドし、バンディ、キャニングと続く。右手マメの影響で次回登板が決まっていない大谷は、本拠地に戻る16日(同17日)のツインズ戦以降となった。大谷のブルペン投球は12日(同13日)に予定されているものの、マドン監督は「明日を目標にしているが、100%確実ではない」と話すにとどめた。

 大谷は10日(同11日)のブルージェイズ戦では「2番・DH」で先発出場。初回に右翼へ三塁打を放ち、4打数1安打2三振だった。今季は9試合出場し、打率.294(34打数10安打)、3本塁打、8打点、2盗塁。しばらくは打者としてチーム貢献したいところだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY