ロッテ、母の日5・9にピンクユニホーム着用 荻野「かわいい」益田「新鮮」

ピンクユニホームを着用したロッテ・益田直也(左)と荻野貴司【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ピンクユニホームを着用したロッテ・益田直也(左)と荻野貴司【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

一塁、二塁、三塁ベースもピンクリボンデザインに変更される

 ロッテは12日、5月9日の母の日に開催されるオリックス戦(ZOZOマリン、14時00分試合開始)で「Mother’s Day(マザーズ・デー)イベント」を開催し、ピンクユニホームを着用すると発表した。

 ピンクユニホームのデザインは、ホームユニホームをベースとしてキャップ及び左胸のMロゴ、背番号、胸番号、選手名をピンク色に変更。右袖にピンクリボンを掲出する。ピンクリボン活動は乳がん撲滅の啓発を目的とした活動であり、そのPRとしてピンクリボンデザインのベース(一塁、二塁、三塁)も使用する。

 ユニホームのモデルを務めた荻野貴司外野手は、「マリーンズのカラーである白・黒を残しながら、背番号やロゴがピンク色になっていてかわいいなと思います。普段は照れくさくて言えないけど、お母さんいつも応援ありがとう! これからも元気に健康で長生きしてください。僕も少しでも長く活躍することで恩返ししていきますと伝えたいです。ぜひ母の日のプレゼントにこのユニホームを着てMother’s Dayにお越しください!」とコメント。

 益田直也投手も「ピンクのユニホームは着た事がないので、とても新鮮でいいと思います。母の日には毎年花を贈るようにしています。なかなか感謝の言葉を伝えるのは照れくさいので、まずはプレーで魅せて感謝を伝えたいです」とコメントした。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY