大谷翔平、「2番・DH」で2試合ぶり4号本塁打なるか “親孝行”24歳右腕と対戦

エンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】
エンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】

敵地ロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場する

■ロイヤルズ ー エンゼルス(日本時間13日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で5試合連続で先発出場する。2試合ぶりの4号本塁打、5試合連続安打が飛び出すか注目される。

 ロイヤルズは2018年ドラフト1巡目(全体18位)で指名された右腕シンガーが先発する。昨季メジャーデビューし、12試合登板して4勝5敗、防御率4.06。今季は4日のレンジャーズ戦で先発して4回途中5安打6失点(自責5)だった。2018年クリスマスにドラフトで得た契約金425万ドル(当時約4億7000万円)を両親へ贈ったという24歳。大谷とは初対戦となる。

 前日11日(同12日)にフロリダ州ダンイーデンで行われる予定だったブルージェイズ戦は雨天中止。試合前まで今季は9試合出場し、打率.294(34打数10安打)、3本塁打、8打点、2盗塁。カンザスシティでも快音を響かせるか。

【エンゼルス】
1(二)フレッチャー
2(指)大谷翔平
3(中)トラウト
4(右)ウォルシュ
5(左)アップトン
6(三)ロハス
7(一)プホルス
8(遊)イグレシアス
9(捕)スタッシー
投手 カッブ

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY