巨人・廣岡大志が移籍後初アーチ 昨季の沢村賞、中日・大野雄から値千金勝ち越し弾

7回に勝ち越しソロを放った巨人・廣岡大志【写真:荒川祐史】
7回に勝ち越しソロを放った巨人・廣岡大志【写真:荒川祐史】

先発サンチェスは8回1死まで無安打1失点の“怪投”で降板

■巨人 ー 中日(13日・東京ドーム)

 ヤクルトからトレード加入した巨人・廣岡大志内野手が13日の中日戦(東京ドーム)に「7番・一塁」で出場。移籍後初アーチを放った・1-1で迎えた7回2死、昨季沢村賞を受賞した中日・大野雄大投手の146キロを捉え、右翼席に運んだ。

 6年目の廣岡は3月上旬に田口麗斗投手とのトレードでヤクルトから加入。今季はここまで7試合に出場、打率.182(11打数2安打)だった。この日は先発が左腕の大野雄ということもあり一塁で4度目の先発出場。最初の2打席は凡退したが、3打席目で見事、結果を出した。

 巨人は先発のサンチェスが8回途中まで無安打1失点投球。2回に四死球で招いたピンチで平田の二ゴロで1点を与えたが1本も安打を許さず、8回1死109球を投げたところで2番手中川に交代した。サンチェスは7回1/3を無安打8奪三振5四死球1失点という内容だった。

【動画】巨人ファンが待つ右翼スタンドに飛び込んだ廣岡大志の勝ち越しソロ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY