鷹が本拠地で4連敗 工藤監督は1安打に封じられた田嶋に脱帽「コントロールいいと難しい」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

初回に1点を先制したものの、2回以降は田嶋の前にヒットさえ打てなかったソフトバンク

■オリックス 7ー4 ソフトバンク(13日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは13日、本拠地PayPayドームに戻ってのオリックス戦に4-7で敗れた。これで本拠地では4連敗、オリックス戦も3連敗となった。

 初回、2死から柳田、グラシアルが連続四球で出塁。チーム打点王の栗原が右翼への適時打を放って、幸先よく1点を先制した。だが、ここから打線が完全に沈黙。オリックス先発の田嶋の前に2回以降、終盤までヒットすら打てずに苦戦した。

 先発の笠谷は2回、先頭のジョーンズを四球で歩かせると、杉本、大下の連打で1死満塁に。ここで太田に遊撃への適時内野安打を許して同点に追いつかれた。6回には先頭の中川に二塁打、続くジョーンズに四球を与え、頓宮の右飛で1死一、三塁に。笠谷のあとを受けた津森が代打のT-岡田に勝ち越しの適時打を浴びてリードを許した。9回には田浦が4安打を集中されて大量5失点。その裏に3点を返したものの、反撃が遅かった。

 試合後、工藤公康監督は「うまく緩急を付けられて、見ている感じではコントロールもよかったという感じに見えました。コントロールがいいとそうそうは難しいかなと思いますよ」と語り、この日はオリックス先発の田嶋の投球に脱帽していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY