澤村拓一、155キロ剛速球でシモンズ併殺斬り 5試合連続無失点で防御率0.00

ツインズ戦の救援登板で1回無失点に抑えたRソックス・澤村拓一【写真:AP】
ツインズ戦の救援登板で1回無失点に抑えたRソックス・澤村拓一【写真:AP】

同点の6回を1奪三振無安打無失点、最速156キロ

■Rソックス 4ー2 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

 レッドソックスの澤村拓一投手は13日(日本時間14日)、敵地・ツインズ戦で救援登板した。6回から1イニングを投げ、1奪三振無安打無失点に抑えた。メジャーデビューから5試合連続無失点。防御率0.00。チームは4-2で競り勝ち、7連勝を飾った。

 同点の6回。先頭打者を遊撃・ボガーツの送球エラーで出したものの、シモンズを96.5マイル(約155.3キロ)のフォーシームで二ゴロ併殺打。投手強襲の強烈な打球でヒヤリとさせられたが、間一髪避けた。最後はケーブを最速96.8マイル(約155.8キロ)のフォーシームで空振り三振。18球を投げてストライク10球。寒い中でも半袖で投球して3人で抑えた。

 前日12日(同13日)の同カードはミネソタ州ミネアポリス近郊で警官が若い黒人男性を射殺する事件が発生したことを受けて中止となった。澤村は前回登板から中1日の登板となったが、安定感のある投球は変わらなかった。

【動画】澤村が顔面付近に迫る強烈ライナーを瞬時にかわす実際の映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY