大谷翔平、走って打って2試合連続猛打賞 “快足”内野安打、特大4号ソロ、右前打

ロイヤルズ戦で本塁打を放つなど打撃絶好調なエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ロイヤルズ戦で本塁打を放つなど打撃絶好調なエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

敵地ロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で連夜の大暴れ

■ロイヤルズ ー エンゼルス(日本時間14日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回の遊撃内野安打で6試合連続安打をマーク。5回の第3打席で特大4号ソロを放つと、9回の右前打で2試合連続の猛打賞をマークした。

 特大弾は2点を追う5回2死だった。通算65勝左腕ダフィーからバックスクリーン右へアーチを描いた。打球速度109マイル(約175.4キロ)、飛距離431フィート(約131.3メートル)。打った瞬間にそれと分かる一発だった。日米通算100本塁打(MLB51発、NPB48発)に王手をかけた。

 初回1死では遊撃内野安打。ロイヤルズ側がチャレンジを要求したが、セーフの判定は覆らなかった。秒速29.5フィート(約9メートル)の速さだった。3回先頭は左飛、7回1死は二直に打ち取られたものの、第5打席で再び結果を出した。

 前日12日(同13日)の同カードも「2番・DH」で先発出場。初回に左前打、7回に右越え2点二塁打を放った。打球速度は自己最速で今季メジャー最速の119マイル(約191.5キロ)を記録。9回にも左翼へ適時二塁打を放ち、今季初の猛打賞、3打点の大活躍だった。試合前まで今季は10試合出場し、打率.333(39打数13安打)、3本塁打、11打点、2盗塁。打撃好調をキープした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY