イチロー氏が語る“メリハリ術” メジャー時代の2月1日に必ず行っていたことは?

イチロー氏の考えに触れられる貴重なインタビュー動画が話題に【写真提供:SMBC日興証券】
イチロー氏の考えに触れられる貴重なインタビュー動画が話題に【写真提供:SMBC日興証券】

「その日だけは練習しないと決めていたんです」

 もしもイチローが社長だったら!? SMBC日興証券株式会社はブランドパートナーであるイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)を起用したウェブコンテンツシリーズ第3弾を公式YouTubeチャンネルで公開し、イチロー氏が様々なテーマで自身の考えや逸話を披露している。

「働き方改革についてどう思いますか?」をテーマにした動画では、イチロー氏がメジャーでプレーしていた当時、2月1日に必ず行っていたことを明かしている。2月1日といえばNPB球団がキャンプインする日だが、イチロー氏は必ずゴルフを楽しんでいたという。

「アメリカに行ってからはキャンプは2月中旬なので、2月1日は絶対にゴルフと決めていたんです。人がこれからやらなきゃいけない日に自分はゴルフをしているというのが最高に楽しくて、その日だけは練習はしないと決めていたんです」

 裏を返せば、2月1日以外は必ず体を動かしていたということだろう。「僕は無理できるうちに無理をしろと思います。いずれ無理できなくなりますから」と語っている。

 仕事と休暇のバランスを取ることが若い世代に浸透してきていると伝え聞くと、「怖いですね。厳しい時間をどこかで設けたい」とも。入社するまでにそういった経験をしていない人には「入社して何年かはその時期にあてたい。そのあとはもちろん緩めていいと思います」と語っている。

 自分を追い込みつつ、うまくメリハリもつけていたというイチロー氏。若い世代には非常に参考になる“金言”だろう。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY