鷹・今宮がまた超絶美技を披露 圧巻のキャッチ→一回転スローに球場どよめき&大拍手

好守を披露したソフトバンク・今宮健太【画像:パーソル パ・リーグTV】
好守を披露したソフトバンク・今宮健太【画像:パーソル パ・リーグTV】

オリックス戦の3回に中前へと抜けようかというゴロをアウトにするファインプレー

■ソフトバンク 4ー1 オリックス(14日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの今宮健太内野手が超ファインプレーを披露し、ファンをどよめかせた。14日に本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦。3回に中前へ抜けようかという打球を超絶美技でアウトにしてみせた。

 この回先頭の紅林に和田が中前安打を浴び、出塁を許す。続く大城の打席で甲斐拓也捕手が“甲斐キャノン”を発動させて盗塁を阻止。1死走者なしとなり、ここで今宮が魅せた。大城が放った打球は和田の足元を抜け、二遊間へ。中前へと抜けようかというギリギリのところで今宮は体を懸命に伸ばして打球をキャッチした。

 そのままの勢いのまま、一回転すると、高校時代には最速154キロをマークした強肩から矢のような送球を一塁の中村晃へ。間一髪のところでアウトとすると、スタンドのファンからはどよめきと大きな拍手が上がった。

【動画】今宮の圧巻キャッチ→一回転スロー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY