鷹・和田が球団20年ぶりの40代勝利! 7回途中4安打無失点、オリ山本に投げ勝つ

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

先発した和田はオリックス打線にわずか4安打しか許さずに無失点の好投

■ソフトバンク ー オリックス(14日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで行われたオリックス戦に4-1で勝ち、本拠地での連敗を4で止めた。先発した和田が6回2/3を投げて4安打無失点の力投で今季初勝利。球団では20年ぶりとなる40代白星を達成した。

 難敵の山本を打線が攻略した。この日は今季初めて2番に柳田を据えるなど、1つずつ打順を繰り上げて打線を組み替えた。2回、先頭の栗原が四球で出塁すると、続くデスパイネが右前安打。中村晃のバントが捕ゴロ併殺となり、チャンスが潰れかかったが、続く松田が中前適時打を放って先制点を奪った。6回には中村晃、甲斐が中前適時打を放って2点を加え、貴重な追加点をあげた。

 和田は初回を3人で片付けると、2回には周東、3回には今宮の好守にも助けられて、オリックス打線に得点を許さず。足が攣ったために7回途中で降板するまで、わずか4安打に封じる好投を見せた。7回2死一塁から2番手の岩嵜が回跨ぎでリードを守ると、最後は守護神の森が締めた。和田は今季初勝利。1991年の今井雄太郎、2001年の長冨浩志以来、球団20年ぶりとなる40代白星を手にした。

 オリックスは対ソフトバンクの連勝が3でストップ。エースの山本が中5日で先発したが、8安打を浴びて6回途中3失点で降板。打線も先発の和田らソフトバンク投手陣を打ち崩すことはできずに敗れた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY