阪神ドラ1佐藤輝、プロ初2試合連発の5号2ラン バックスクリーンへの豪快弾に甲子園熱狂

阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

打球速度173キロ、飛距離131メートルの特大弾に甲子園はどよめき

■阪神 ー 広島(15日・甲子園)

 阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手が15日、甲子園での広島戦に「6番・右翼」でスタメン出場。第2打席でプロ入り初となる2試合連続となる5号2ランを放った。バックスクリーンへの豪快弾に甲子園はどよめきが起こった。

 阪神は初回に大山の今季1号となる2ランで先制。佐藤輝は2回先頭で迎えた第1打席では二塁後方へ高く舞い上がった飛球を菊池、鈴木が見失うラッキーな二塁打で出塁。すると4回無死一塁で迎えた第2打席ではバックスクリーンへ2試合連発となる5号2ランを放った。

 打球速度は173キロ、飛距離131メートルの特大弾に甲子園はどよめきが巻き起こった。佐藤輝は前日(14日)の同戦では森下から甲子園初本塁打となる4号2ランを放っていた。

【動画】甲子園がどよめいた! 佐藤輝、2試合連発の5号2ランはバックスクリーンへの特大弾

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY