「異常な守備範囲と異常な肩」 鷹・今宮の“大回転ストライク送球”が「凄すぎる」

好守を披露したソフトバンク・今宮健太【画像:パーソル パ・リーグTV】
好守を披露したソフトバンク・今宮健太【画像:パーソル パ・リーグTV】

オリックス大城の二遊間の打球を捕球→一回転して一塁送球

■ソフトバンク 4ー1 オリックス(14日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの今宮健太内野手が14日のオリックス戦(PayPayドーム)で超ファインプレーを披露。ファンからは「これほどカッコいい守備が他にあるだろうか」などと称賛の声があがっている。

 3回1死で大城が放った打球は和田の足元を抜け、二遊間へ。中前へと抜けようかというギリギリのところで今宮は体を懸命に伸ばして打球をキャッチした。その勢いのまま一回転すると、一塁の中村晃へ。間一髪のところでアウトにした。

「パーソル パ・リーグTV」が「【何杯でもイケる】今宮健太『大回転ストライク送球』で魅せた!!」としてプレー動画を投稿。ファンは「柔の源田、剛の今宮って感じでバランスいいから全然飽きない」「今宮がいるだけで毎試合ヒットが減る」「今宮=化け物」「かっけえ!」「これはパ・リーグ一の異次元ショート今宮健太」「異常な守備範囲と異常な肩 凄すぎる」「投終わりのポージングまでカッコいい」「うまみや~」などとコメントを寄せている。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY