大谷翔平、7戦ぶり無安打でエ軍2連敗 指揮官は故障者続出に嘆き節「厄介な遠征だ」

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

大谷は日米通算100号お預け、打率.340

■ロイヤルズ 6ー1 エンゼルス(日本時間15日・カンザスシティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地のロイヤルズ戦で「2番・指名打者」で7試合連続で先発出場。3打数無安打で連続試合安打は「6」で止まった。打率.340。チームは1-6で敗れて2連敗を喫した。

 今季開幕投手のケラーと対戦。初回無死一塁は空振り三振。3回1死一、二塁は四球を選んだものの、6回先頭では再び空振り三振を喫した。8回先頭は3番手ストーモントに左飛に打ち取られた。初球から積極的に打っていったが、結果が出なかった。

 打線も6安打1得点と攻略できなかった。マドン監督は「(6回途中1失点のケラーは)カットしていく球と逆方向に変化するシンカーがあったから。数多くの変化球が投げられていたようだ。しかし、私には速球が生き生きしていたように見えた。バレル(長打の出やすい打球速度と角度の組み合わせ)に飛ばすことができなかった。それが皆が苦戦した理由だろう」と肩を落とした。遠征中に4番・レンドンら故障者が続出。「(レンドン不在は)確かに違う。厄介なロードトリップだったが、ホームに帰ることができて嬉しい(笑)。3勝3敗でホームに戻れるのはいいことだ」と振り返った。

 大谷は試合前には2日ぶりにブルペン入り。右手中指のマメを潰した影響で投打同時出場した4日を最後に登板を見合わせているが、球団によると患部にテーピングを巻かずに23球を投げたという。チームは16日(同17日)の本拠地・ツインズ戦から13連戦。「(大谷が連戦に)間に合う前提で考えている。それについては、とても楽観的だ。彼のイエスかノーの返事を聞いてから判断したい」とマドン監督。復帰登板は19日(同20日)の本拠地・レンジャーズ戦以降が見込まれている。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY