未完の大器がいよいよ覚醒? 西武・今井達也が掴んだ“制球難”克服の術とは

日本ハム戦に先発した西武・今井達也【写真:宮脇広久】
日本ハム戦に先発した西武・今井達也【写真:宮脇広久】

「真っすぐは去年より明らかに良くなっている」という自信

■西武 2ー1 日本ハム(15日・メットライフ)

 西武は14日、本拠地メットライフドームで行われた日本ハム戦に2-1で競り勝った。先発の今井達也投手が6回3安打1失点に抑え、今季初勝利を挙げた。球界有数の快速球の持ち主だが、それと背中合わせの制球難が課題。この日は「相手打者のひざの高さを狙って投げると、結果的にベルトより少し上の真ん中高めに行く」という“アバウト投法”が功を奏した。

 この日もストレートは最速155キロを計測して7三振を奪った一方で、四死球も5(四球4、死球1)を数えたが、ここぞと場面で崩れなかった。初回2死から近藤を四球で歩かせたものの、4番・中田を真ん中高めの152キロで一飛に仕留めた。

「前回登板も、前々回も立ち上がりが悪かったので、意識していました。連続四球がなかったのは良かった」と今井。前回登板の7日・楽天戦では、初回にいきなり1番・辰己、2番・小深田に連続四球を与え、これをきっかけに先制点を献上。5回5安打6四死球3失点で敗戦投手になった。その反省を生かしたと言える。

 制球がそこそこまとまった秘訣を「真っすぐは基本的に高めに投げているのですが、最初から高めを狙うと、すっぽ抜けてボールになることが多く、四球も増えた。イメージとしては、相手打者のひざの高さを狙うと、結果的にベルトより少し上の真ん中高めに行くことがわかった」と表現した。

辻監督も認めるポテンシャル「やはりいいピッチャーですよ」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY