阪神・藤浪、自ら援護の1号2ラン! 左中間スタンドへ打球速度161キロの衝撃弾

阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】

4、5回のピンチをしのいだ直後、自らのバットで勝ち投手の権利

■阪神 ー ヤクルト(16日・甲子園)

 阪神の藤浪晋太郎投手が16日、打者顔負けの豪快な一発を放った。0-0で迎えた5回、めいっぱいバットを振ると、打球は左中間スタンドへ。場内に表示された打球速度は161キロの衝撃弾で、自らに勝ち投手の権利を呼び込んだ。

 3回までヤクルト打線を無安打に抑えて順調に滑り出した藤浪。4回は2死満塁を招きながらも内川を二飛に打ち取り、5回も1死一、二塁を三ゴロ併殺打で切り抜けた。その直後、2死二塁をなった場面で、フルカウントから石川のストレートを強振。左中間スタンドに飛び込む今季1号2ランとなった。

【動画】自分のストレート並みの161キロ衝撃弾

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY