西武のニール、メヒアら助っ人4選手が17日にチーム合流 隔離期間が終了

西武のエルネスト・メヒア(左)とコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】
西武のエルネスト・メヒア(左)とコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】

新外国人左腕ダーモディ、来日2年目のスパンジェンバーグも

 西武は17日、ザック・ニール投手、マット・ダーモディ投手、コーリー・スパンジェンバーグ内野手、エルネスト・メヒア内野手が同日からチームに合流すると発表した。前日16日に14日間の隔離期間が終了した。

 ニールは2019年に12勝を挙げてリーグ優勝に貢献、ダーモディは今季加入した左腕。メヒアは来日8年目を迎え、スパンジェンバーグは来日1年目の昨季111試合に出場した。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY