カーショー、ダルビッシュは「あまりに良い球を持っている」 粘って押し出し四球選ぶ

会見に臨んだドジャースのクレイトン・カーショー(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだドジャースのクレイトン・カーショー(画像はスクリーンショット)

7回1失点で初黒星のダルビッシュ「次はカーショーに勝てるように」

■ドジャース 2ー0 パドレス(日本時間18日・サンディエゴ)

 ドジャースのクレイトン・カーショー投手は17日(日本時間18日)、敵地でのパドレス戦に登板し6回2安打無失点の好投で3勝目を挙げた。打席では元同僚・ダルビッシュから決勝点となる押し出し四球を選び「とにかく嫌らしくいこうと思った」と語った。

 ダルビッシュとのエース対決を制したカーショー。6回を投げ2安打無失点、8奪三振の好投で3勝目を手にしたが、打席では5回2死満塁の場面で先制となる押し出し四球を選んでいた。フルカウントから粘って手にした四球に「とにかく嫌らしくいこうと思った。彼はあまりに良い球を持っているから、ヒットを打とうなんて思わなかったよ」と振り返った。

 ダルビッシュは5回2死まで強力ドジャース打線を相手に完全投球と圧巻の投球を見せていた。この日初めて訪れた好機だっただけに「できるだけ彼を困らせてやろうとしたんだ。ファウルを打って労力をかけさせようとした。四球になって運が良かったよ」と安堵の表情を見せていた。

 7回1安打1失点の好投で今季初黒星を喫したダルビッシュ。次回登板は再びドジャース戦が予定されており試合後は「今回負けてますし、次はカーショー相手に勝てるようにします」とリベンジを誓っていた。

【動画】「とにかく嫌らしく…」カーショーが粘り勝ちでダルビッシュから四球を選ぶ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY