ダルビッシュ、7回1失点で初黒星も手応え「世界一の打線、自信になりました」

会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)

元同僚カーショーとの対決は「いつか打席で見たいと思っていた」

■ドジャース 2ー0 パドレス(日本時間18日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手が17日(日本時間18日)、本拠地ドジャース戦に先発し7回1安打1失点、9奪三振の好投も打線の援護なく今季初黒星を喫した。唯一の失点は相手先発・カーショーに与えた押し出し四球と悔しい結果となったが「自分としては自信になりました」。

 ダルビッシュは初回から5回2死まで完全投球を続けていたが、2死満塁から痛恨の押し出し四球で先制を許した。その後は危なげない投球を見せたが7回1安打1失点の好投も打線の援護なく敗戦投手に。試合後は「世界で一番の打線と思う。あの打線相手にあれだけのピッチングできた。自分としては自信になりました」と振り返った。

 5回2死満塁からはカーショーに粘られフルカウントから押し出し四球を許したが「カーショーの四球も僕は集中できていた。ああいうことは(粘る)上手いピッチャー。誰でもミスは起こる。仕方ないですね」と相手を称えていた。

 打席に入りエース左腕のボールも自身で感じることができたようで「打席で見れたのは僕の中では大きかった。いつか打席で見たいと思っていた。ただ、タイプが違い過ぎて参考になるとかは違うかなと思う」と語っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY