「なぜ交代にならない?」と疑問抱いた少女 父の答えで視点変わった「監督女子」の生態

「監督女子」の生態とは…【写真提供:NFB】
「監督女子」の生態とは…【写真提供:NFB】

好評連載、野球女子生態図鑑第2弾!「監督女子」の個を見るチカラとは?

「野球が好きな女子」とひとくちに言っても、「好き」のベクトルは多岐に渡る。応援する選手やチーム、見たい視点はそれぞれ異なる。野球好き女子のコミュニティ『NFB』(日本やきう女子機構)による『野球女子の生態図鑑』の第2弾は、監督のように個とチームの成長二つにまなざしを向け続ける「監督女子」について紹介する。

 なぜエラーした選手を使い続けるのか――

 監督。それはチームの目標である「勝利」をつかむため、先頭に立って舵を取る人のこと。

 チームという集合体を動かす立場だが、同時に選手一人ひとりと向き合う存在でもある。

 やきう女子の中にも、「個」と「チーム」、常にこの二つに眼差しを向け続け、どうしたら個とチームが一緒に成長していけるのか考える「監督女子」がいる。NFBの監督女子は、元保育士で学童保育では所長も務めた経験もある、吉川由(以下、ゆゆ)だ。

 まだ、小学校低学年の頃、巨人の試合をテレビ観戦した際、若かりし阿部慎之助捕手がイージーなキャッチャーフライを落としたのを見たゆゆは子どもながら、こう口にした。

「なぜあの選手は交代にならないの?」

 九州の野球一家で育ったゆゆ。父は少年野球のコーチ、兄も野球をやっていた。父は、「(当時の監督の)長嶋さんが期待しているからだよ。それと、使い続けることで上手くなることがあるからだよ」と話したという。

「その言葉を聞いてからは、どんどんそうかもしれないと感じていった。それまでは打てないなら、守れないなら、交代すればいいと思っていたけど、花開くまで待つこともチームが強くなるために大事なことなんだと知った」(ゆゆ)

 学生時代は小中高と毎夜テレビ観戦をし、福岡の大学へ進学した際も、「相部屋の寮ではテレビ観戦ができない!」と一人暮らしを選んだと言うほど、長いこと野球観戦にエネルギーを注ぎ続けてきた。

 今では、開幕前に「先発ローテーション」を考えることが毎年の楽しみになっているそうだ。昨シーズンの成績、キャンプの調子、オープン戦などが参考材料。先発ローテーションだけでなく、スタメンも投打のポイントも勝手に予想し、野球観戦に挑むのが監督女子だ。

野球女子古参が気になる勝ち負けの「中身」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY