ド軍ターナーとの頭脳戦 ダルビッシュが見せた妙味あふれる“3打席勝負”

ドジャース戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
ドジャース戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

ダルビッシュは7回9奪三振1安打1失点、3番ターナーとの対決は見ものだった

■ドジャース 2ー0 パドレス(日本時間18日・サンディエゴ)

 パドレスのダルビッシュ有投手は、17日(日本時間18日)の本拠地ドジャース戦に先発し7回1安打1失点、9奪三振の好投を見せたが、打線の援護がなく今季初黒星。全米が注目した、3度のサイ・ヤング賞を誇る左腕クレイトン・カーショーとの初対決で悔しさも味わい、試合後の表情に明るさはなかった。「次はしっかりカーショー相手に勝てる投球をしたいと思います」。右腕は、22日(同23日)からの敵地4連戦での次回登板に向けて気持ちを引き締めた。

 ダルビッシュの表情は曇っていた。カーショーとはオフにトレーニングをする間柄で、互いに認め合う存在。その相手に痛恨の押し出し四球を与え息詰まる投手戦で先制点を献上した。ただ、宿敵ドジャース相手に7回を投げ切ったことはこの上ない収穫。許したのは中前へのポテンヒット1本のみ。「世界一強いチームの打線を相手にこういう投球ができたのは自信になる」と胸を張った。しかし、過信はしない。

「自信が付いたからどんどんいくっていう話でもない。あんまり調子に乗らないように、明日の(登板間)1日目の調整をまたしっかりしたいと思っています」

 謙虚な姿勢を崩さないダルビッシュは、オンライン会見の最後をこう結んでいる。

「次もしっかり抑えられるように、また頭を使っていきたいと思います」

勝ち星こそつかなかったものの、冴えた“駆け引き”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY