1試合5盗塁献上は「屈辱的だった」 ロッテ6年目・柿沼が目指す正捕手の座

ロッテ・柿沼友哉【写真:荒川祐史】
ロッテ・柿沼友哉【写真:荒川祐史】

昨季は自己最多の56試合に出場も、バッティングが課題

 ロッテの柿沼友哉捕手は6年目のシーズンを1軍で迎えた。昨季は全試合でベンチ入りし、自己最多の56試合に出場。しかし打率は1割6分とバットで結果を出せなかった。スタメンマスクを被っても終盤に代打を送られることも多く、1試合を通してマスクを被るためには、まだまだ課題は山積みだ。

「正直なところ、まだまだ試合にも出ていませんし、チームにも貢献出来てはいないので、今のところはまだいいスタートを切れたとは言えないです」

 今季はバッティングフォームをよりシンプルにし、なるべくコンタクトしやすいよう、ノーステップも試す。オープン戦では打率3割と結果を残したが、今季はいまだ無安打。公式戦で結果を残せなければ、正捕手の座を掴み取れないことは、身に染みて感じている。

 自分の中で自信を持っているのは「盗塁阻止」。大学時代、スカウトに注目されるようになったのも、1試合で3つの盗塁を刺したことがきっかけだった。しかし、そんな自信が打ち砕かれそうになった試合があった。

「悔しさというより、情けなかったですね」

 9日の西武戦(ZOZOマリン)で、今季初のスタメンマスクを被った。初回の守りで、先頭の若林楽人外野手に出塁を許すと、2番・源田壮亮内野手の初球で若林がスタート。ボールが上手く手につかず、ワンバウンドで二塁に送球するも、タッチは間に合わずセーフとなった。

「やっぱり1つ目をしっかり投げれなかったというのが、1番の原因かなと……」

1試合5盗塁を許した「キャッチャーとしては屈辱的だった」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY