「吐き気がする変化球」米投球研究家も注目の通算429盗塁男Jr.は“魔球”使い?

エクスポズなどで活躍した父のマーキス・グリッソム氏【写真:Getty Images】
エクスポズなどで活躍した父のマーキス・グリッソム氏【写真:Getty Images】

通算429盗塁の父を持つジョージア工科大・グリッソムJr.の投球に注目が集まっている

 メジャー通算429盗塁男の息子は超有望株投手? ジョージア工科大のマーキス・グリッソムJr.投手に注目が集まっている。投球研究家のロブ・フリードマン氏は左打者の懐をえぐるスライダーについて「吐き気がする変化球だ」と紹介した。

 グリッソムJr.は18日(日本時間19日)のバージニア工科大戦の8回から登板。2回を投げ、1安打1四球3三振無失点と好投した。フリードマン氏はスライダーに注目。内角から鋭く変化する球で空振りを誘うだけでなく、最後は左打者の軸足に当たりそうになっている。フリードマン氏の投稿に、ファンからは「MLB投手でもこれができるのは多くない」「これは気味が悪い」「一体全体どうすればこんな球が可能なんだ」「残忍」などとコメントされた。

 グリッソムJr.の父は1989年からエクスポズ(現ナショナルズ)、ブレーブスなどで通算2251安打、227本塁打、429盗塁を記録。2度の盗塁王、4度のゴールドグラブ賞と輝かしい実績を誇る快足外野手だった。ファンは「待って、マーキス・グリッソムの息子だって? 私も年を取ったな」「この子はスペシャルになるぞ」と注目した。

 日本のプロ野球ではあまりお目にかかれない2世選手だが、米大学球界には多く、オーバーン大には殿堂入りの通算305勝左腕トム・グラビン氏の息子ペイトン・グラビン投手、ネバダ大ラスベガス校には同じく殿堂入りの通算355勝右腕グレッグ・マダックス氏の息子チェイス・マダックス投手らがいる。

【動画】左打者の懐をえぐるグリッソムJr.の魔球映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY