大谷翔平、有原との初対決は2打席凡退 中堅への大飛球は「今季の中でもいい打球」

第2打席で中堅への大飛球を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
第2打席で中堅への大飛球を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

有原航平と初対決は一ゴロ併殺打、中飛

■レンジャーズ 6ー4 エンゼルス(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のレンジャーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場。元チームメートの有原航平投手に一ゴロ併殺打、中飛に打ち取られ、4打数無安打2三振に終わった。打率.309。試合後、大谷は「1打席目も2打席目もボールの見え方は良かった。これから何回もやる相手。ボールが見ているのは今後につながるかなと思います。ストライク、ボールの判断は出来ていた。振る球を振って行けていた。結果以上に内容は良かった」と振り返った。

 大谷は有原と2打席で対戦。初回無死一塁で一ゴロ併殺打に倒れ、4回1死で中堅後方へ大飛球を放ったものの、元巨人ガルシアのジャンピングキャッチに阻まれた。「(打球が)戻されたなのが率直な感想です。当たり的には今シーズンの本塁打の中でもいい感じの打球だった。捉え方は間違っていないので良かったかなと思います」。6回2死一、二塁は2番手左腕マーティンに、8回先頭は元中日の左腕ロドリゲスにいずれも空振り三振を喫した。

 試合前にはブルペンへ向かう有原と笑顔で挨拶した。「知り合いの時は普通に話します。試合前だからといってピリ付くことはないかなと思います。ずっとキャッチボールもしていましたし、先発も回っていた。前田さん、ダルビッシュさんとはまた違うかなと思います」と振り返った。

 大谷は右手中指のマメを潰した影響で投打同時出場した4日(同5日)を最後に登板を見合わせていたが、20日(同21日)の本拠地レンジャーズ戦で先発する。この日の試合前、マドン監督は「明日は打席には立たせない。75球から80球ぐらいを投げてほしい」と投打同時出場させない方針を明かしている。「実戦は強度が違うが、ブルペンでは全然大丈夫かなと思います。一番は点を与えないこと」と意気込みを語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY