球場どよめく技術凝縮の一発! 巨人松原、泳がされた反撃弾は「ピッチャーたまらん」

3号2ランを放った巨人・松原聖弥【写真:荒川祐史】
3号2ランを放った巨人・松原聖弥【写真:荒川祐史】

低めの変化球に泳がされながらも右翼ポール際へ…

■阪神 10ー5 巨人(20日・東京ドーム)

 巨人の松原聖弥外野手が20日、本拠地での阪神戦に「1番・中堅」でスタメン出場。3回の第2打席で“これぞ技あり”といえる追撃の3号2ランを放った。

 先発サンチェスが3回持たず5失点KOされたその裏。1死二塁で迎えた第2打席で西勇の低めの変化球に食らいついた。バットを泳がされながらも捉えた打球は高々と舞い上がり右翼ポール際に飛び込む3号2ランとなった。

 球場がどよめき、一塁を回った際に打球の行方を再確認するほど打った本人が驚いた一発。「DAZN」公式ツイッターも「反撃の狼煙」とコメントを添え動画で公開するとファンも「なんでそれホームラン?」「打った本人が一番驚いている」「やっぱすげぇ」「ピッチャーたまらん」と驚きの声を上げていた。

【動画】東京ドームもどよめいた松原の技術凝縮の3号2ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY