大谷翔平との対戦は「容易ではない」 敵将も“宝刀”に脱帽「非常に素晴らしい」

レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

1回1死満塁の好機は連続三振で無得点「最大のチャンスだった」

■エンゼルス 6ー2 レンジャーズ(日本時間21日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地・レンジャーズ戦に先発し、4回を投げ、1安打7奪三振7四死球で無失点投球。今季初勝利はならなかったが試合は6-2で勝利した。レンジャーズのクリス・ウッドワード監督は「彼のような投手との対戦は容易なことではない」と舌を巻いた。

 右手中指マメの影響で投打同時出場した4日(同5日)以来16日ぶりのマウンド。球数制限もあり80球(ストライク37球)で降板したが、フォーシームの最速は97.7マイル(約157.2キロ)に達し、要所で繰り出す“宝刀”スプリットにレンジャーズ打線は手を焼き、走者は出すものの大谷から得点できなかった。

 ウッドワード監督は「試合の大半で我々は非常に良い打撃をしたと思う。彼(大谷は)は100マイル(約161キロ)の球を投げ、スプリットも非常に素晴らしい。必要な状況に追い込まれるまで彼はその球を使わずに取って置く。彼のような投手との対戦は容易なことではない」と称賛した。

 惜しむべきは1回の攻撃。1死から3者連続四球で満塁のチャンスを得たが、ソラック、カルフーンはスプリットで空振り三振に仕留められた「我々には確かにチャンスはあったが、彼は良い球を投げて切り抜けていた。初回が恐らく最大のチャンスだった、その後彼は落ち着いていった」と振り返った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY