抜ければ同点… 窮地を救った源田の超絶美技が「メジャー級」「捕ってから速すぎ」

西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】
西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

二死満塁で吉田正の二遊間の当たりを好捕→素早く一塁送球

■オリックス 7ー6 西武(22日・京セラドーム)

 西武・源田壮亮内野手が22日のオリックス戦(京セラドーム)に「2番・遊撃」で出場。4回2死満塁の場面で美技を披露して失点を食い止めた。ファンは「異次元すぎる」「捕ってから速すぎ」などと絶賛している。

 2点リードで迎えた4回2死満塁でオリックス吉田正尚が放った打球は佐野投手の足元を抜け、センター前に達しようとしていた。しかし、ここで立ちはだかったのが源田。打球に追いつくと素早く一塁に送球してアウトに。失点を防いだ。

「パーソル パ・リーグTV」が公式ツイッターに「そこは源田の守備範囲! 源田選手が大ピンチの場面で抜けそうな打球を捌く!」として動画を投稿するとファンは反応。「たまらん!」「素手で捕ったのかってくらい早い」「捕ってから速すぎだろ」「メジャー級だな」「源田異次元すぎる」「なんでそれがアウトなんの?笑」「これは今季最大のたまらん」などと驚きの声を寄せている。

【動画】西武源田の「メジャー級」ファインプレー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY