デビュー戦は11のアウトを全て三振 前田健太、千賀滉大らを彷彿させる台湾の20歳右腕

味全ドラゴンズ・徐若熙【写真提供:中華職業棒球大連盟CPBL】
味全ドラゴンズ・徐若熙【写真提供:中華職業棒球大連盟CPBL】

初登板から3試合、12回1/3で26三振を奪った

 開幕から1か月あまり経った台湾プロ野球から注目のトピックをご紹介しよう。台湾の野球ファンの間で最もホットな話題となっているのが今季から1軍に参入した味全ドラゴンズの新人右腕、20歳の徐若熙(シュー・ルオシー)だ。

 台湾原住民族であるプユマ族の血を引く徐若熙は2000年に北部・桃園で生まれた。地元の強豪、平鎮高校の主力投手の1人として活躍。卒業後、2019年の台湾プロ野球ドラフト会議で味全から1巡目全体6位(味全は4巡目まで1巡につき各2名の指名権を保有)指名された。

 昨年4月、肘の骨棘を切除する手術を受けて秋に復帰したため、昨季は2軍公式戦以外を含めても約40イニング投げたのみ。しかし、リハビリ期間のウエートトレーニングとフォーム改造により平均球速はアップ。10月の2軍チャンピオンシップでは台湾プロ野球所属の台湾人投手最速タイとなる157キロをマークし、注目を集めた。そして、元メジャーリーガーの王維中に次ぐチーム2番手の先発として、開幕2戦目の中信兄弟戦(3月17日)を託された。

 徐若熙は期待に応え、3者連続三振の立ち上がり。2回に2本の内野安打、3回には三塁打を打たれたものの、平均約150キロの直球、スプリットチェンジを主体にカーブ、スライダーを交えて三振を積み重ね、4回2死、62球を投げた場面で降板するまで無失点、11のアウト全てを三振で奪うという衝撃的なデビューを果たした。味全は抑えの田澤純一まで4投手が無失点リレーをみせて4-0で勝利。7819日ぶりの1軍公式戦勝利をあげた。

 3月23日は楽天モンキーズ戦に先発。2回に連打で迎えたピンチも併殺打に仕留めて1失点に食い止め、4回を54球、3安打、1失点、5奪三振と好投した。テンポのいい投球に打線も乗せられ4回までに7得点。この日もチームは白星をつかんだ。

最速157キロ&平均150キロ、スプリットチェンジが武器

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY