投手・大谷翔平に見えた「若さ、幼さ」 元メジャー右腕が敢えて送る辛口エール

レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レンジャーズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

斎藤隆氏がズバリ「四球を出すのは日米共通してやってはいけないこと」

 今季、投打同時出場の“リアル二刀流”へ本格的に乗り出したエンゼルス・大谷翔平投手。4月4日(日本時間5日)のホワイトソックス戦で初先発し、「2番・投手」で打席に立つと初回に自ら先制ソロを放って見せ、ファンの期待をさらに大きく広げてくれた。

 右手中指にできたマメの治癒を待ち、今季2度目の先発となったのは20日(同21日)に行われた本拠地でのレンジャーズ戦。マメへの影響を考慮し、投手一本でマウンドに上がった大谷だが、コントロールが定まらず。4回を投げて1安打7四死球7奪三振。無失点に抑えたものの荒れた投球内容に試合後、大谷自身も「(制球面の採点は)ゼロ点ですね。自分でピンチを招いて、自分で抑えてっていうだけの感じだったので。自分でピンチを作るのは、いらないこと。なるべく減らした方が失点のリスクも低いかなと思います」と反省の言葉を並べた。

 大谷が挑む二刀流の難しさは、誰にも分からない次元の話だ。だが、大谷が類い稀の才能の持ち主であり、野球を新たなレベルへステップアップさせる可能性を持つ人物だと認めるからこそ、1人の投手として辛口エールを送るのが、元メジャー右腕の斎藤隆氏だ。斎藤氏はレンジャーズ戦での大谷の投球について「ピッチャーとしての若さ、幼さを感じた」と指摘。その上で「今年はピッチャーとしての礎を築いてほしい」とエールを送った。

 この日、大谷は初回1死から3者連続四球で満塁のピンチを招くと、2者連続で空振り三振で無失点。2、3回も四球で走者を背負い、先制直後の4回にも2者連続四死球を与えるが、得点を許さなかった。4回で要した球数は80球と多く、この日の球速は最速97.7マイル(約157.2キロ)。独り相撲となってしまった登板を、斎藤氏はこう見る。

「例えば、プロ1年目、2年目の投手が成長過程で見せたマウンドだったら分かるけれど、大谷翔平くらいの投手があの内容だと、幼い感じがしますね。三振かフォアボールか。クローザーが4イニング投げたようなピッチングでは、先発としては厳しい評価になりますね」

 斎藤氏が最も幼さを感じたのは「調整が良くない時の対応力」だという。この日はスライダーが生かせず、フォーシームとスプリットが中心の組み立てとなった。「初回の制球の乱れから2回に少し建て直したところは評価すべきところではありますが……」と続ける。

「投手は誰でもゲームの作り方を何パターンか持っている。全ての持ち球の調子がいい時は、何本かヒットを打たれることがあっても無失点に抑えることに苦労はしません。投手が持つ資質が試されるのは、ストライクが上手く入らない時にどうやってゲームを作るか。そういう試合を勝ちに結びつけたり、負けずに終われたりできる投手が、結果として2桁勝利を挙げて、5敗、6敗で堪えられる先発投手になる。大谷選手は右肘を手術したので、メジャーで投手としての経験が少ないことも影響しているとは思いますが、フォアボールを出すのは日米共通してやってはいけないことですね」

大谷の悔しげな表情に見た本気「だからこそ、厳しい目で見たい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY