澤村拓一がメジャー初勝利 同僚のド派手祝福に笑顔「炭酸とかいろんなものを…」

本拠地でのマリナーズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】
本拠地でのマリナーズ戦に登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:AP】

4回ピンチから救援して1回1/3を1安打無失点

■レッドソックス 6ー5 マリナーズ(日本時間24日・ボストン)

 レッドソックスの澤村拓一投手が23日(日本時間24日)、本拠地で行われたマリナーズ戦に2番手として救援登板。1回1/3、1安打無失点、3奪三振の投球を見せメジャー初勝利をマークした。防御率1.80。「チームが連敗していたので、チームが勝ててよかったです。自分の投球自体は守りに入ることなく攻め続けることが出来たなと思っています」と振り返った。

 澤村が好リリーフを見せメジャー初勝利を手にした。出番は1点リードの4回2死一、二塁。ハニガーを91.3マイル(約147キロ)のスプリットで空振り三振に仕留めピンチを脱出した。イニング跨ぎとなった5回は2死一塁からホワイトに左越え二塁打を浴びたが、外野手の好返球で三塁でアウトに。無失点で切り抜けた。「サインに対して、しっかり投げ込むことが出来たんじゃないかと思っています」と振り返った。

 試合後はコーラ監督から、この日のメンバー表を贈られ、チームメートから派手に祝福されたと言う。「炭酸とか、カートに乗せてもらって、いろんなものをかけられました」と笑顔。それでも、今後もタフな戦いは続く。「明日になってしまえば、明日の戦いに備えるわけですから。嬉しいですけど、12時を超えるぐらいまではその余韻に浸っておいて、12時を超えたらもう明日なので」と気持ちを引き締めていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY