大谷翔平、164キロ“弾丸”適時二塁打で先制! 今季6度目マルチで通算210勝グリンキー攻略

敵地でのアストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
敵地でのアストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

第1打席では詰まりながらも中前打&二盗に成功

■アストロズ ー エンゼルス(日本時間24日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地でのアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で先制のタイムリー二塁打を放ち今季6度目のマルチを記録した。

 アストロズの先発は通算210勝を誇るザック・グリンキー。大谷は初回無死一塁で迎えた第1打席で88.8マイル(約143キロ)の内角直球に詰まりながらも、技ありの中前打を放ち2試合ぶりの安打をマークした。その後、2死一、三塁となりプホルスの打席で二盗に成功し今季3個目の盗塁。MLB通算32盗塁は岩村明憲氏に並ぶ日本人歴代6位タイとなった。

 3回の先頭で迎えた第2打席は外角の際どい球に手が出ず見逃し三振に倒れた。それでも5回1死一、三塁で迎えた第3打席では右翼線へ打球速度101.9マイル(約164.0キロ)の先制となるタイムリー二塁打を放ち今季6度目のマルチをマークした。

【動画】グリンキーを打ち砕いた大谷翔平の適時二塁打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY