巨人、25日の広島戦は有観客で開催 アルコールや軽食等の販売は取りやめ

巨人は東京ドームで25日に予定されている広島戦を通常通り有観客のままで開催すると発表した【写真:荒川祐史】
巨人は東京ドームで25日に予定されている広島戦を通常通り有観客のままで開催すると発表した【写真:荒川祐史】

混乱が生じる可能性があるとして、25日の開催は認めている

 巨人は24日、東京ドームで25日に予定されている広島戦を有観客のままで開催すると発表した。

 政府が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に新型コロナウイルス感染対策のため、25日から5月11日まで緊急事態宣言の発令を決定し、スポーツイベントに対しても原則、無観客での開催を要請。その一方で、政府は混乱が生じる可能性があるとして、「25日から直ちに無観客化・延期等を実施しないこととして差し支えないこともある」とも認めているという。

 そのため、巨人は25日の広島戦は万全の感染対策を講じたうえで、すでに販売済の入場券を持つファンは観戦可能とした。なお、緊急事態宣言の趣旨に沿い、同戦ではソフトドリンクを除き、場内でのアルコール飲料の販売、軽食や弁当などの売店の営業を取りやめる。食べ物の持ち込みも不可となる。

 25日以降に予定されている東京ドーム公式戦6試合についての対応は決定次第、発表するとしている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY